先輩インタビュー

社長直々に説明してくれて感動

ITに興味はあったのですが文学部のため専門知識がありません。そこで就職課に相談をしたところ、多くの文系出身がIT業界で働いているというアドバイスをいただき、この業界に進むことを決めました。都内と神奈川県の中から10社ほど絞り込み、さらにその中からエバーグリーンに決めた一番の理由は、説明会に社長が出てくれたから。人事担当者や先輩が語る会社が多い中、社長が語ってくれたのはエバーグリーン1社だけでした。新卒採用や育成にかける思いがとても強かったことを今でもとても覚えています。

気を使いすぎるくらいの先輩が!

気を使いすぎるくらいの先輩が!

人間関係を理由に新卒で入った会社を1年目で辞めた大学の友人がいるのですが、エバーグリーンでは人間関係で悩むことはありません。専門知識のない私に対して皆さんとても親切に教えてくれるし、何よりも気さくに声をかけてくれます。ちょっと気を使いすぎかな?と思うくらい(苦笑)。先輩たちの指導と楽しく仕事に取り組める環境づくりのおかげで、入社1年目で文系出身の私が主要クライアントである野村総研のプロジェクトに参加できるようになりました。子育てを経て職場復帰した先輩もいるので、私も長く働きたいですね。

入社16年が経ちました※2017年現在

野村総研に常駐してシステム開発を行っています。開発内容は、エンドユーザーのコールセンターへ入電される内容をテキストデータ化し、その中から重要な要素だけを抽出するシステムです。エンドユーザーは小売やサービス業、銀行など多種多様。この開発に携わって7・8年経つので自分なりに業界の特性やノウハウが溜まりました。だから野村総研様から具体的な指示を受けていなくても、自分の中にある過去の事例などをもとに、よりエンドユーザーが喜ぶ一歩踏み込んだ開発を提案しています。お客様から信頼されていて、長く働ける環境じゃなければできないことですよね。

転職をした。働くことが楽しくなった。

気を使いすぎるくらいの先輩が!

エバーグリーンへ入社する前も同じ業界で働いていましたが、代表が違うと会社って違うものなんですね。前の会社はいわゆるワンマンで、何でも決めてしまう。
でもエバーグリーンは利益が出たら社員に還元されるし、若手や中堅社員の意見を取り入れることが当たり前のようにあります。ゴルフとマラソンのサークル的な活動があって、楽しく仕事をするために会社が考えてくれているのを肌で感じます。私の目標は若手育成へさらに力を注ぐこと。技術的なことはもちろんですが、エバーグリーンで働くことの楽しさを少しでも多く伝えていきたいですね。

食べた分は仕事でお返しします!

入社してしばらくたったある日、社長が僕の歓迎会も兼ねて同じチーム6名で焼肉屋へ連れて行ってくれました。会社のトップである社長は遠い存在のイメージがあるので、行こうと気さくに声をかけてくれたのは驚いたと共にとても嬉しかったです。決して偉ぶること無く、僕ら社員と同じ目線で話しかけてくれるので、いい意味で社長っぽくないところが僕はとても好きです。そんな社長がリラックスできる場を作ってくれたので、焼肉を3・4人前は食べちゃいました。食べっぷりを評価してくれてありがとうございます!仕事できっちりお返しします
(笑)!!

組織の安定性と成長性に魅力を感じて

組織の安定性と成長性に魅力を感じて

以前の職場で一緒だった先輩が一足先に入社し、「ベテランがいて職場の雰囲気がいい」「成長中の会社」と紹介されて入社を決めました。以前は20代が多く未経験入社ばかり。でもエバーグリーンは30代・40代の経験豊富な方がいるので、聞けば何でも教えてくれます。そして社員からの提案を受け入れてくれるので、自分たちで会社を作っているという実感があります。
僕はこれまでの経験を活かして新人育成チームの一員になりました。先輩が僕にしてくれたように、今度は僕が後輩に対して楽しく働きやすい職場づくりをしていきたいですね。